2023.05.18

食事・栄養

グラスフェッドバターは体に良い?|健康効果や栄養について徹底解説

            EARNS
           

竹内 久美

産婦人科医/ヘルスコーチ

健康に良いと注目を集めている「グラスフェッドバター」をご存知でしょうか?

バターというと、脂質が多く健康に悪いイメージを持たれがちですが、グラスフェッドバターは良質な栄養素をたくさん含んでおり、ダイエット効果や健康に良い影響をもたらしてくれます。

名前は知っているけど、普通のバターと何が違うのかわからないという方も多いと思いでしょう。

この記事では、グラスフェッドバターに含まれる栄養素やその効果、おすすめの使い方についてご紹介していきます。

グラスフェッドバターの基本

グラスフェッドバターのグラスフェッドとはそもそもどういう意味なのでしょうか。牛の基本的知識や通常のバターとの違いについて詳しくご紹介します。

グラスフェッドってどういう意味?

グラスフェッドとは、畜産の飼育方法の一種で、自然環境のなかで牛を放牧し天然の牧草のみで飼育します。広大な敷地で自由に動き回り、食べたいときに牧草を摂取してるので野生の牛に近い状態で育てることができます。

主にニュージーランドやオーストラリアなど、牛肉産業が盛んな国で広まってきている飼育方法です。

グラスフェッドビーフについて

牧草のみで飼育された牛は、「グラスフェッドビーフ」と呼ばれ流通しています。バターと同様で栄養価が非常に高く、健康に良い効果をもたらすおすすめの食材です。

グラスフェッドビーフは、アンチエイジングにも効果的なビタミンEオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。また、高タンパクで低脂肪の牛肉のため不必要な油分を摂取することなく、より効率的に筋肉をつけることができます。

希少価値が高いことから価格も通常の牛肉と比べて高価ですが、栄養面だけではなく味も良質で甘みがあって味わい深い牛肉となっています。さまざまな効果を発揮するグラスフェッドビーフは、ダイエット目的の方やアスリートの方に注目されている食材の一つです。

グラスフェッドビーフの栄養価を解説|健康に良いとされる理由と特徴

グラスフェッドバターとは?

グラスフェッドバターとは、牧草飼育によって育てられた牛(グラスフェッドビーフ)から搾乳されたミルクが原料となっているバターのこと。グラスフェッドビーフと同様に、栄養素も非常に多く含まれているのが特徴です。

通常のバターに比べると、グラスフェッドバターの場合は体内で合成できない不飽和脂肪酸が豊富なため、日常的に継続して摂取していても身体へ及ぼす健康被害は少ないとされています。

一般的なバターとの違い

通常のバターと比べてどう違うのか、グラスフェッドバターの特徴についてご紹介します。

①色

通常のバターはクリーム色ですが、グラスフェッドバターはカロテンが豊富に含まれているため、カロテンの持つ色素によりとても濃い黄色をしています。

②栄養価が高い

グラフェッドバターには人間にとって欠かせない鉄分や美肌、髪にも効果的なカロテンなどさまざまな栄養素が豊富に含まれています。

必須脂肪酸でもある不飽和脂肪酸も多く含まれていることから、手軽に身体に重要な栄養素を取り入れる事ができます。

③味

通常のバターと違い、口当たりが軽く上品であっさりとした味わいです。風味は強めですがコクもあり、さまざまな料理にも取り入れやすく日常的に使用しやすいバターです。

④価格

価格は、国産と輸入品によっても値段が変わってきます。国産は通常のバターの価格の約10倍、輸入品は約1.5倍となっています。

バターを生成する手間や時間、広大な敷地の確保などが必要であることから希少価値の高い食品として扱われています。市場に出回っているほとんどが輸入品ですが、日本でも一部の地域でグラスフェッドバターが生産されています。

日本の場合は、特に敷地面積の問題もありグラスフェッド飼育は難しいとされているため、国産のバターは非常に珍しく希少価値が高いのです。

 

グラスフェッドバターの栄養、効果

グラスフェッドバターは、どのような栄養素が含まれており、身体にどんな効果をもたらしてくれるのかを解説していきます。

カロテン・ビタミンが豊富

カロテンは黄色い色素を持つ成分で油に溶ける性質があり、強力な抗酸化作用を持っています。抗酸化とは体内に発生した活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素とは、身体に侵入したウイルスを排除する働きがあり健康を維持するためには重要な物質ですが、増えすぎると細胞を傷害し動脈硬化・ガンなどの生活習慣病を引き起こす要因となります。カロテンの持つ抗酸化作用は身体と活性酸素のバランスを保つために重要な役割を持っています。

また、カロテンの一部は必要に応じて体内でビタミンAに変換することができます。ビタミンAは、主に眼の健康や肌粘膜の保護に効果的です。視力を正常に保つ役割を担っており、主に夜盲症や眼の粘膜の保護を行います。

細胞の活性化に伴い、ターンオーバーも促進されやすくなるため皮膚の保護、美肌を保つためにはおすすめの栄養素としてアンチエイジングの観点からも注目を集めています。食品から取り入れるだけではなく、カロテンによる効果を期待し高濃度のサプリメントで補充される方が増加しています。 

オメガ3脂肪酸が豊富

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸と呼ばれており、人間が体内で生成することのできない重要な栄養素の一つです。食品でしか摂取することができないため、健康を維持するためにも積極的に意識して摂取することが望ましいとされています。

グラスフェッドバターには、オメガ3脂肪酸が通常のバターより約5倍含まれていると言われています。オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする効果を持っており、コレステロールや血圧の上昇を抑え、生活習慣病予防に効果的です。

鉄分・ミネラルが豊富

グラスフェッドバターには、ミネラルの中でも鉄分が豊富に含まれています。鉄分は、主に赤血球から酸素を運搬する役割があり、細胞の活性化を促す事で呼吸機能の安定貧血予防美肌髪の健康を維持するための重要な成分の一つです。

食品に含まれる鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。この2つの主な違いは、鉄分の吸収率です。ヘム鉄の方が非ヘム鉄に比べて吸収率が高く、効果的に鉄分を摂取することができます。

グラスフェッドバターにはヘム鉄が豊富であり、通常のバターと比較すると約3倍近く含まれていると言われています。

 

グラスフェッドバターの使い方

グラスフェッドバターはどのような使い方をするとより効果的なのか、日常でのおすすめの取り入れ方についてご紹介していきます。バターはさまざまなシーンで活用できるため、健康増進のために始める方はぜひチェックしてみてください。

飲み物に溶かす

「バターコーヒー」という飲み物をご存知でしょうか。朝食の代わりにバターコーヒーを摂取することで、満腹感を得ることができ日中の集中力もアップするため、健康志向の高い人達に好まれています。

その際に使用するバターをグラスフェッドバターに置き換えることで、より健康かつ効率的に栄養素を吸収しながら作業効率の向上やダイエット効果を得ることができます。

料理やお菓子作りに

グラスフェッドバターのもつコクと上品な甘さは、お菓子作りにもおすすめです。クッキーなどの焼き菓子に用いると風味に深みが出て、かつヘルシーな味わいを楽しむことができます。

バターそのものに上質なコクがありながら、クセのないさっぱりとした味わいなため普段の調理に使用するのもおすすめです。

ギーを手作りする

ギーとは、バターから水分やタンパク質、不純物などを取り除いたバターオイルのことです。作業時間は少々かかりますがグラスフェッドバターをじっくりと煮詰め、濾すだけで簡単に自宅でも作ることができます。

常温保存が可能なため、日常で使用している油をギーに置き換えて使用することも可能です。通常のオイルよりも栄養素が高く、純粋で良質なオイルを身体に多く取り入れることができるため健康にも非常に効果的です。

奇跡のオイル・ギーの健康効果と栄養価がスゴい|バターとの違いとは?

 

まとめ

バターなどの油分を含む食品は、健康に悪影響をもたらすイメージが強いですが、最近では適切な量の良質なオイルを摂取することは栄養素の吸収を高め、健康にも効果的であると言われています。

さまざまな用途に使えるグラスフェッドバターを、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

この記事の監修者

竹内 久美 産婦人科医/ヘルスコーチ

 
EARNS