2024.01.31

エイジング

NAD+とは?分かりやすく解説|はたらきや取り入れる方法とは

            モアシー
            EARNS
           

最近話題になっているNAD+。美容やアンチエイジングに敏感な方なら見聞きした事があるかも知れません。NAD+は、美容やアンチエイジングにおいて有効であると考えられている成分です。

今回は、このNAD+という成分がどのようなものなのか、なぜ注目されてきているかについて解説していきます。

NAD+の基本

まずは、NAD+について解説していきます。NAD+について理解を深めるためには、NMNについても知っておく必要があります。

NMNとは

NMNの正式名称は、「ニコチンアミド・モノヌクレオチド」。頭文字をとって「NMN」と呼ばれています。ビタミンB3から生成される物質で、さまざまな食品に含まれています。NMNが体内に摂り込まれると、「NAD」という補酵素へと変換されます。

NMNの摂取は、マウスによる動物実験において、代謝の維持、肥満抑制、活動性の維持、さらに骨格筋、肝臓、脂肪組織における加齢性遺伝子発現抑制などの「抗老化作用」がみられています。また、人においても、運動機能の改善などに有効であるという結果がみられています。

そして、これらは、NMN摂取による血液中の「NAD+」の増加が密接に関係していると考えられています。

NAD+とは

NADの正式名称は、「ニコチンアミド・アデニンヌクレオチド」。NADは、体内に最も多く存在する補酵素です。糖質、脂質、タンパク質の代謝に不可決であり、細胞内のミトコンドリアにおけるエネルギーの産出に欠かせません。また、DNA損傷の修復、遺伝子発現などの制御に関係します。

さらに、サーチュイン遺伝子(※)を活性化させる役割を担っています。しかし、NADは、加齢と共に減少することが知られています。

※サーチュイン遺伝子:サーチュイン遺伝子とは、細菌や哺乳類まで、多くの生き物の老化や寿命の制御に重要な役割を果たす遺伝子です。別名「長寿遺伝子」とも呼ばれています。

 

NAD+の効果

前項で、NAD+がサーチュイン遺伝子の活性化に大きく関係しているということが分かりましたね。では、具体的にどのような効果があるかについて解説していきます。

疲労の改善

細胞内にあるミトコンドリアは、エネルギーの産生などの役割を担っています。そして、このミトコンドリアは加齢や酸化ストレスにより機能が低下すると考えられています。

その結果として、エネルギー産生が減少し、疲労の回復が緩慢になってしまいます。NADが増加することにより、ミトコンドリアにおけるエネルギー産生量が増加すると疲労の改善に繋がることが考えられるでしょう。

認知機能・記憶力の向上

NAD量の増加は、脳機能の改善と神経変性からの保護をする効果があると言われています。また、サーチュイン遺伝子は、記憶や脳の活性化にも重要な働きを担います。サーチュイン遺伝子が活性化することにより、記憶の強化や脳内の神経細胞の発達を促進すると考えられています。

動物実験の結果、サーチュイン遺伝子が活性化することにより、加齢に伴う脳の萎縮が減少することが示されました。

免疫の最適化

私達は、加齢に伴い免疫機能が衰え、色々な疾患に罹りやすくなったり、回復に時間を要するようになります。NAD+は炎症性の免疫細胞が働くことを抑えることで免疫の調整をすることを可能にします。また、サーチュイン遺伝子は、老化や様々な疾患の要因にもなる活性酸素の抑制や、免疫・代謝機能の調整、DNAの修復などに関係しています。

アンチエイジング

アンチエイジングには、サーチュイン遺伝子の活性化が必要不可欠です。サーチュイン遺伝子は、ダメージを受けたミトコンドリアを修復させる働きを担っています。女性が気になる若々しい肌は、皮膚の細胞のミトコンドリアが関係していると言われています

 

NAD+を増やす方法

最後は、体内にNAD+を増やす方法についてご紹介します。

食事

NAD+を増やす方法のうちのひとつに食習慣があります。

NADが含まれる食品

NADを増やすためには、NADの前駆体であるNMNを取り入れる必要があります。NMNは、ビタミンB3を材料としているため、ビタミンB3を含む食品を摂る必要があります。ビタミンB3は、別名「ナイアシン」と呼ばれており、きのこ類、魚介類に多く含まれています。

おすすめ食品:まいたけ、椎茸、乾燥きのこ類、たら、かつお、マグロ など

空腹を感じること

NADを増やす食事法として、大切なのが「空腹を感じる」ことです。普段の食事でも、だらだら食べ続けたりせず、腹八分目を意識したり、空腹を感じてから食事を摂るようにしましょう。

運動

運動習慣を持つことも、またNADを増加させると言われています。研究でも、適度な運動後には血液中のNADが増加するという結果が出ています。特別、強度の強い運動でなくても、サイクリングやジョギング、ウォーキングなどの運動を取り入れると良いでしょう。

医療

食事や運動を意識するのが難しい場合は、直接点滴でNADを取り入れるという方法もあります。点滴により直接血管内にNADを投与するため、効果を早く感じることができるというのが最大のメリットです。一方で、自費診療となるため、高額で施設により金額が異なるため、慎重にクリニックを選びましょう。

「リポソーム」とは?|構造や効果、メリットまでわかりやすく解説

 

まとめ

今、注目されているNMNやNADについて知識を深めることは出来たでしょうか。そして、健康に若々しく生きていくためには、サーチュイン遺伝子の活性化が鍵を握っているということがご理解いただけたと思います。心身共に健康に過ごすための知識は、たくさん持っておきたいですね。

参考文献:
1.Mills KF, Yoshida S, Stein LR, Grozio A, Kubota S, Sasaki Y, Redpath P, Migaud ME, Apte RS, Uchida K, Yoshino J, Imai SI (2016) Long-Term Administration of Nicotinamide Mononucleotide Mitigates Age-Associated Physiological Decline in Mice. Cell Metab 24, 795-806
2.R.J. Colman,Rozalyn M.Anderson,Sterling,C.Johnson, et al. Caloric restriction delays disease onset and mortality in rhesus monkeys. Science 325 (2009) 201-204
3.福渡努.軽度な運動による血液中のNAD含量の増大.英文誌抄録.ビタミン75巻.P.177−179
4.Cold Spring Harb Perspect Med. 2024 Jan 2;14(1):a041193.
5.Nat Rev Cancer. 2015 Oct;15(10):608-24
6.Cell Death Dis. 2020 Jun 9;11(6):444.

 
EARNS モアシー